揺らぐ水

歯科で行なう新しい治療

女医と患者

インプラントとはどういうものなのか

近年では、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合、失った歯を補う治療としてインプラントが注目されています。これは、簡単に言うと、失った歯の部分にチタン製の人工歯根を埋め入れて、その上に人工の歯を被せる施術です。この施術で、歯の機能や見た目を取り戻すことができます。 歯を失った場合の治療として、入れ歯があります。ですが、入れ歯には色々なデメリットがあります。たとえば、食事の際にきちんと物を噛めなくなったり、歯茎との間に物が挟まることがあります。その他にも、話している時にバネが見えて入れ歯とわかってしまうこともあります。それと入れ歯をすることで、突然歳をとってしまったかのように感じるなど心への負担も大きいです。反面、インプラントにすることで、見た目は天然の歯とほぼ変わらないです。また、自分の歯のように食事を楽しめるので、快適といえます。

施術を行うときの歯科医院の選び方

インプラントというのは、あごの骨に人工歯根を埋め入れる外科手術を行います。この手術には、専門的な知識や高い技術が必要です。手術の出来の善し悪しが、成功を大きく左右してしまいます。なので、インプラント施術をする歯科医院は慎重に選ぶ必要があります。 選ぶためのポイントは、まずは日本インプラント学会・認定医が在籍しているかどうかです。この認定医は、インプラントの技術がきちんとあるか判断する目安となります。ホームページなどで確認できますが、最近では類似の名称を語る歯科医院が横行しています。なので、注意して選んだほうが良いです。 その他の選ぶポイントは、インプラント施術の実績が豊富なのか確認した方が良いです。実績のある歯科医は、施術した症例をカウンセリングできちんと説明してくれます。