揺らぐ水

子供の頃から

笑顔の女性

定期的な「小児歯科」での検診

「子供の歯」を健康に保つためには、親や家庭の協力が必要です。今日では「歯」への意識が高まり、従来よりも子供達の口中衛生は、改善してきました。一方で、「虫歯」等で治療を必要とする子供達は、現在も数多くいます。 大人の方で「歯医者」にマイナスのイメージを持っている方は、多くの場合で子供の頃の歯科治療がトラウマになっている場合があります。無理矢理に連れて行かれた歯医者で、痛みを伴う治療を受ければ、嫌になるのも仕方のないことです。このような方の場合、その後も歯医者へ通うことを嫌う傾向が続きます。 このような状態になれば、結果的に多くの歯を失うことにもなりかねません。歯医者嫌いにしないためにも、健康な歯の状態から子供達を「小児歯科」へ検診させることが必要です。検査だけですから、痛みはありません。これを定期的に繰り返すことで歯のトラブルを予防できるだけでなく、小児歯科へ通うことが好きになる子供へとなっていくのです。

定期的な検査を受け、健康な歯を維持する子供へ

初めて子供を小児歯科に連れて行く時期は、乳歯が全部生え揃った3歳前後になります。多くの都道府県では3歳児検診の際に歯科検診を実施しているので、小児歯科を再度受診する方は少数かもしれません。しかし、集団検診では細かく「歯の健康」を調べているのではありません。虫歯の検査と言っても、子供の初期の虫歯は気がつかれないケースが大半です。また、検診にきている歯科医師が「小児歯科専門医」なのかそうでないかなどで、検査結果が異なる場合があります。そのためにも小児歯科できちんとした検査を受け、子供の歯の状態を把握することが必要です。 子供の歯の定期検診は、通常1回あたり1000円前後で済みます。助成制度が確立されている地域等などでは、半分の負担か無料で受けることができます。子供への医療制度が充実している今日、小児歯科へ通うことはさほど負担にはならないはずです。子供の歯が一生涯のものとなるよう、定期的に小児歯科へ通うことが大切なのです。